スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳太郎伝記~古宮村編~裏話part2【ネタバレあり閲覧注意】

  • 2013/09/29(日) 09:31:12

さて、前回の記事では柳太郎伝記~古宮村編~の
キャラ設定について紹介させて頂きました。

今回は、世界観やゲームを製作していく中での、
裏話を紹介させて頂こうと思います!

今回もネタバレしかありませんので、
ゲームプレイ後閲覧されることを推奨致します。

下記の続きを読むをクリックして、
進んでください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



【ここから先ネタバレあり閲覧注意】


1.柳太郎伝記制作のきっかけは?

元々和風の雰囲気(建造物とか独特の温かみ、
風情があるというのでしょうか)が好きで、
シリーズものを作ってみたいと思ったのがきっかけでした。

主人公の柳太郎は、最初はもっと冷めていて、
「この世はすべて悪意に満ちている」
「信じたら負けだ」
といったような、人間不信のキャラを考えていましたが、
物語を作っていくうえで、
人間不信のキャラがそもそも村に立ち寄るか?となり・・・
作者の作りやすかった、
めんどくさがりのキャラに変わっていきました。

村という1つの孤立した空間の中で、
掟や決まりという古い慣習に翻弄される主人公を
書いてみたかったのです。


2.うつしよ、うつろよの世界について

物語の中でうつしよとうつろよ二つの世界を
行き来することになります。

はじめは、二つの世界を行き来するというアイデアが出ず、
ゲームとしての面白さを見いだせずにいました。
これは、どこからともなく舞い降りてきましたね・・・。

鐘のマップチップは自作をしたのですが、
はじめはバーベキューセットにしか見えなかったのは
いい思い出です・・・(*゚д゚)

漢字で書くと、
うつしよ→現世(人間の住む世界)
うつろよ→虚世(幽霊や妖怪が住む世界)
とこよ→常世・常夜(死後の世界)

うつしよ、とこよという言葉は存在するのですが、
うつろよという言葉は現世の反意語として
勝手に作らせてもらいました。

うつろよの概念は、
今後の作品のなかでも登場してきます。


3.様々なアクションイベントについて

[井戸の中の化け物のイベント]

はじめはキー連打でも良いかなと思ったのですが、
芸がないかなと思い十字キー入力イベントにしました。

最初の2問は固定、
そのあとはランダムで出力される仕様でした。

[振り返ってはいけない怨霊イベント]

ただの追いかけゲーはそろそろ卒業かなと思い、
少し変わった鬼の仕様にしてみました。

振り返らないというルールを守っていれば
殺されることはないので、
そこに気付けた方は簡単だったのではないでしょうか。

ただ、追いかけられ時にメニューを開くと、
振り返らなくても殺されることがあります・・・

主人公の見ている方向と逆の十字キーを押すと、
死にイベントが発生する仕様なので、
アイテム欄をいじった時に死亡判定が確定しちゃうのですよね。

指摘を受けたため、追いかけられ時のセーブは禁止しましたが、
アイテム欄は開けるので理不尽に殺された方もいるかと思います。

修正が難しいため、現状はこの形になっております。

[村人全員による捜索イベント]

楓ちゃんがとにかく早いです、怖いです。
見つかっても、どこかの蔵に入ったり、
画面を移動するとリセットする仕組みにしました。

見つかったら終わりじゃ面白くないですからね。
(前作Awakening in a Dreamの反省)

[鶏肉追いかけイベント]

追われるだけじゃ面白くない!ということで、
ラストには追いかけイベントを作ってみました。

鶏肉さんがぎりぎり見える範囲で、
スピードの調整を行いました。
突っかかると置いていかれます、
が、道を間違えて戻ってくることもあります。

最初のストレートを鶏肉についていかずに
まっすぐ左に行くと、
近道があります。気づいた方はいるかな?


4.物語のテーマ、伝えたかったこと

~古宮村編~のテーマは、
この世で一番怖いものって何かな?

怨霊も怖いけど、
一番怖いのってやっぱり人間だよね
っていうのが伝えたかったところです。

それぞれの人の思いがあり、
たとえそれが誰かを護るためであっても
許される考え、行為ではない、
それでも人は危機的状況に陥ると
誰かを犠牲にすることを躊躇わない、
そういった怖さを持っています。

五穀豊穣の儀の前日の夜のイベントを考えるのは
とても楽しかったです。

楓ちゃんの豹変、当主の陰謀、
村人たちの連携・・・
今回のゲームの中で一番気に入っている部分であり、
このシーン、イベントをやりたくて作っていたというのが
本音かもしれません。

(またヤンデレキャラ作りたいなぁ・・・)

さて、今回も長くなってしまいましたが、
~古宮村編~の裏話については、
今回のpartで最後になります。

思い出したら追加するかもしれませんが、
ここまで閲覧していただきありがとうございます。

柳太郎伝記の続編は現在制作中であり、
来年の公開を予定しております。

またプレイしていただければ、
嬉しい限りです。

以上

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。